削減項目

削減項目

電気代のコスト削減について

(1) 電気代のコスト構造

電気料金は(A)基本料金 +(B)電力量料金 +(C)その他 となっております。

(A)基本料金 「契約容量×基本料金単価」
(B)電力量料金 「使用電力量料金×単価」
(C)その他  燃料調整費等費用

(2) 電力業界について

以前の電力業界は電力会社が特定の地域を独占する市場となっていましたが、2000年3月に電力の小売りが一部自由化となりました。
また、2013年4月には電力システムに関する改革方針を閣議決定し、今後は「電力の小売の完全自由化」「電気料金の自由化」が進められる予定です。
電力自由化が進めば新規参入企業の増加が想定され、市場原理のもと価格競争による料金低減やサービスレベルの向上などが見込まれます。

(3) 電気代のコスト削減のポイント

電気代の削減は大きく3つの手法による削減があります。

電気代の削減は企業毎に最適な手法が異なります。弊社では本コストについても適正価格まで引き下げてきた実績がございます。

(実績)電気代の弊社コスト削減実績
製造業A社 削減前300,000千円→削減後278,000千円(▲22,000千円、▲7%)
アミューズメント業B社 削減前40,000千円→削減後32,000千円(▲8,000千円、▲20%)
小売店C社 削減前11,000千円→削減後10,000千円(▲1,000千円、▲9%)

(2015/06追記)
2017年4月の電気小売完全自由化に向けて、非常に電気代の削減についてのご要望が増えております。
工場や大規模施設ではなく、1ヶ月の電気料金が10万円以上のいわゆる低圧・電灯契約をご利用している企業様においても、契約変更のみで10~20%の削減が見込めるケースがございます。
飲食店や小売店舗を運営されている方、もしくは低層ビル(2~4階建て)の本社ビルを保有されている方などがいらっしゃれば、是非弊社までお問い合わせください。

ご質問やご相談は無料で承っております。

右のボタン『無料診断・お問合せ・パートナー』よりお気軽にご連絡下さい。担当スタッフが親身になってご対応させて頂きます。

フリーコール 0120-992-255
  • 無料診断
  • お問合せ
  • パートナー
copyright © wizardz plus all rights reserved.