削減項目

削減項目

コピー用紙のコスト削減について

(1) コピー用紙のコスト構造について

コピー用紙のコスト構造は、単価×枚数のとても単純なものです。
実際には、コピー用紙を数箱購入されている企業様が多く上記算式に、運送費が加算される場合もございます。

(2) コピー用紙の業界について

現在、日本のコピー用紙業界は、輸入コピー用紙がシェアを伸ばしている。
2008年度の輸入コピー用紙のシェアは23%であったのに対し、2012年は44%にまで伸ばしている。
その理由は、ひとえに、輸入コピー用紙の価格が安いからです。
国産品はそれに合わせ価格を下げ、対応をしているという状況です。
ですので、価格競争がかなり激しく行われている業界です。

(3) コピー用紙のコスト削減のポイント

コピー用紙のコスト削減については、「その時」の最安値を把握しておく事が必要不可欠です。
文具販売大手企業の価格等を参考に、適正なあるべき単価の商品を購入することで、コスト削減につながります。

(実績)コピー用紙の弊社コスト削減実績
A4用紙
大手介護施設運営会社A社
削減前(年額)1,666,500円
→削減後(年額)1,515,000円(▲151,500円、▲9%)
A3用紙
地方新聞社B社
削減前(年額)103,096円
→削減後(年額)71,680円(▲31,416円、▲30.5%)

ご質問やご相談は無料で承っております。

右のボタン『無料診断・お問合せ・パートナー』よりお気軽にご連絡下さい。担当スタッフが親身になってご対応させて頂きます。

フリーコール 0120-992-255
  • 無料診断
  • お問合せ
  • パートナー
copyright © wizardz plus all rights reserved.