削減項目

削減項目

火災保険のコスト削減について

(1) 火災保険のコスト構造

火災保険とは、火災による損害の填補する保険です。火災以外にも、地震や落雷、台風、雪、車両の衝突、盗難等の損害に対する保険を付属するものも存在します。
火災保険は、保険の目的物の所在地やその構造、保険商品などによって保険料が異なります。保険契約は30年の長期の契約も可能で、長く契約するほど掛け金は割安できます。

(2) 火災保険の業界について

火災保険の改定が、主要な損害保険会社各社で2010年1月に行われています。
それに伴い、各保険会社では火災保険の商品の見直しを行っております。商品が多いとそれだけコストが掛かってしまうため、保険会社によっては住宅火災保険、住宅総合保険、普通火災保険、店舗総合保険などを廃止し、独自の新しい火災保険に一本化するという保険会社も出ております。

(3) 火災保険のコスト削減のポイント

火災保険のコストは、損害の種類に応じた発生の頻度と損害発生時の損害の大きさを検討し、最適な補償内容を把握し、そのうえで、保険販売代理店と交渉を行うことで、コスト削減を実現いたします。

(事例)火災保険の減額
製造業A社 削減前5,000千円→削減後3,750千円(▲1,250千円、▲15%)
小売業B社 削減前4,500千円→削減後3,600千円(▲900千円、▲8%)
小売業C社 削減前3,000千円→削減後2,850千円(▲150千円、▲5%)

ご質問やご相談は無料で承っております。

右のボタン『無料診断・お問合せ・パートナー』よりお気軽にご連絡下さい。担当スタッフが親身になってご対応させて頂きます。

フリーコール 0120-992-255
  • 無料診断
  • お問合せ
  • パートナー
copyright © wizardz plus all rights reserved.