削減項目

削減項目

サーバハウジング利用料のコスト削減について

(1) サーバハウジング利用料のコスト構造

サーバハウジング利用料のコスト構造はスペース代+機器電気代+施設設備利用料
+D:作業費+E:ネットワーク関係費となっております。
スペース代とは、いわば賃料に該当し、立地・面積によって、決まるコストである。サーバを管理している先に御社担当者が訪問する必要が生じることもあることから、アクセスのしやすさという立地条件が意外と重要となる場合がある。機器電気代とは、管理を委託しているサーバやPCの動作に必要な電気代をいいます。施設設備利用料とは、空調機や停電に備えての自家発電設備、防火設備などの各設備の利用料となります。サーバやPCは高温を発するために空調機を24時間動かし続ける必要があり、災害などにより御社の重要なデータを失わないため自家発電・防火設備は必須のものといえます。作業費とは、サーバを管理するオペレーターの工数に基づいた料金となります。具体的には決まった時間に巡回を行い、正常に動作しているか確認したり、なんらかの不具合・エラーが生じたときに、御社へ報告を入れ、修理や整備の依頼を行ったりします。ネットワーク関係費とは、サーバと御社のPCとをつなぐために必要となるネットワークにかかる費用をいいます。

(2) サーバハウジング利用料の業界について

サーバハウジングとは、自社のサーバやネットワーク機器をデータセンターに持ち込んで、サーバー・ラックを設置する場所と電力、回線の提供などを受けることをいいます。自社では電力不足でサーバを増やせない場合や空調能力不足、セキュリティ面で不十分である場合などに利用されています。

(3) サーバハウジング利用料のコスト削減のポイント

サーバハウジング利用料のコスト削減は弊社でも数多くのコスト削減の実績がございます。
コスト削減のポイントはコスト構造であげました各項目ごとの料金を把握し、引き下げることです。
月額料金全体に対して、「○○円下げてくれ」と伝えるだけでは、なかなか料金引き下げについて具体的に検討してもらえません。現在かかっているコストを項目ごとに読み解き、細分化した上で、現実にかかっている工数に適正人工単価を掛け合わせて、適正な作業費を算出し、現状との差額を指摘するなどしなければ引下げを実現することはできません。弊社では、上記のような指摘をすることで削減を実現いたします。

(事例)サーバハウジング利用料の減額
建設業A社 削減前6,000千円→削減後5,720円(▲1,020千円、▲17%)
小売業B社 削減前4,000千円→削減後3,720千円(▲280千円、▲7%)
サービス業C社 削減前3,500千円→削減後3,220千円(▲280千円、▲8%)

ご質問やご相談は無料で承っております。

右のボタン『無料診断・お問合せ・パートナー』よりお気軽にご連絡下さい。担当スタッフが親身になってご対応させて頂きます。

フリーコール 0120-992-255
  • 無料診断
  • お問合せ
  • パートナー
copyright © wizardz plus all rights reserved.