削減項目

削減項目

トナー・カートリッジのコスト削減について

(1) トナー・カートリッジのコスト構造

多くの企業で複合機やプリンターは使用されています。つまり、トナーやカートリッジにかかる費用は、多くの企業で支払わざるを得ない費用となります。トナー・カートリッジは、メーカーや内容量、純正・リサイクルの種類ごとの単価×数量により費用が決定されます。

(2) トナー・カートリッジの業界について

トナー・カートリッジは通常使い切るとカートリッジごと交換されます。純正トナー・カートリッジとは、使用済みのカートリッジをメーカーが回収して再度充填し、出荷されているもののことをいい、リサイクルトナー・カートリッジとは、メーカー以外の企業(業者)が引き取って充填し、低価格で市販しているもののことをいいます。
リサイクル品に対応するため、メーカーは量販店の店頭などにカートリッジ回収ボックスを設置し、リサイクル品の製造企業との間で、回収競争が行われています。

(3) トナー・カートリッジのコスト削減のポイント

トナー・カートリッジを販売している企業(業者)は多数存在し、基本的にどの企業(業者)から購入しても商品の品質について差が生じないことから、価格面での競争は激しくなっています。
弊社では数多くの支援実績から商品の販売価格として、価格水準を把握しており、交渉により、コスト削減を実現いたします。

(事例)トナー・カートリッジの減額
小売業A社 削減前13,000千円→削減後11,700千円(▲1,300千円、▲10%)
小売業B社 削減前4,000千円→削減後3,720千円(▲280千円、▲7%)
サービス業C社 削減前3,500千円→削減後3,220千円(▲280千円、▲8%)

ご質問やご相談は無料で承っております。

右のボタン『無料診断・お問合せ・パートナー』よりお気軽にご連絡下さい。担当スタッフが親身になってご対応させて頂きます。

フリーコール 0120-992-255
  • 無料診断
  • お問合せ
  • パートナー
copyright © wizardz plus all rights reserved.