削減項目

削減項目

害虫駆除のコスト削減について

(1) 害虫駆除のコスト構造

食品を扱う飲食店などにおいては、ネズミやゴキブリといった害虫による被害が深刻な事態をまねく怖れがあります。単に商品を廃棄しなければならないというだけでなく、店舗の評判にまで悪くする怖れがあるからです。害虫駆除のコスト構造は、駆除対象範囲の延べ床面積と害虫への対処法により料金決定されます。
駆除の範囲が広い場合、それだけ現地の視察や見回りの時間が増加し、侵入経路の特定も難しくなります。
害虫への対処方法としては、大きく3つに分けることができます。

(a) 捕獲
(b) 薬剤等による殺虫・殺鼠
(c) 侵入防止

(2) 害虫駆除の業界について

害虫駆除の業界は、昭和40年代から50年代にかけて発展していた。
しかし、新築住宅の質がよくなり害虫被害が減少している状況に加え、隣接業種から参入してくる企業が増加し、競争が激化している。具体的には、住宅関連サービス業、ビルメンテナンス業、ハウスクリーニング業などの企業が害虫駆除を行うようになってきている。そういった状況から、固定客の確保が重要な業界といえます。

(3) 害虫駆除のコスト削減のポイント

害虫駆除のコスト削減は弊社でも数多くのコスト削減の実績がございます。
コスト削減のポイントは、害虫駆除の施工1回あたりの単価を引き下げることです。
そして、引き下げるためには、害虫の種類、被害の状況、建物の構造・面積に応じた適切な対処と適正な単価を把握している必要があります。

(事例)害虫駆除の減額
卸業A社 削減前3,500千円→削減後2,975千円(▲525千円、▲15%)
飲食業B社 削減前2,200千円→削減後1,980千円(▲220千円、▲10%)
飲食業C社 削減前5,500千円→削減後5,170千円(▲330千円、▲6%)

ご質問やご相談は無料で承っております。

右のボタン『無料診断・お問合せ・パートナー』よりお気軽にご連絡下さい。担当スタッフが親身になってご対応させて頂きます。

フリーコール 0120-992-255
  • 無料診断
  • お問合せ
  • パートナー
copyright © wizardz plus all rights reserved.