削減項目

削減項目

クレジットカード手数料のコスト削減について

(1) クレジットカード手数料のコスト構造

クレジットカード手数料=加盟店クレジットカード利用額×加盟店手数料率
上記の通り、加盟店クレジットカード利用額に対する手数料率により算出されます。
手数料率は業態、利用金額、カード会社によって異なり、1~7%と幅も広い点が特徴です。

(2) クレジットカード手数料の業界について

クレジットカード手数料の業界は、「会員」「加盟店」「カード会社」の3者間での取引により成り立っており、「会員」がクレジットカードで買い物をした分の数パーセント(一般的には3%~7%程度)が、「加盟店」から「カード会社」へと手数料として支払われます。
パーセンテージの割合は一律ではなく、契約の際に取り決められます。
クレジットカードの加盟店手数料率は、加盟店の業種により違います。
回収リスクの高い業種は高く、薄利多売の業種は低く加盟店手数料率が設定されることが多いです。
一般的にコンビニや家電量販店などは料率が低く1.0~1.5%が主流ですが、バーやクラブといった飲食店となると4.0~7.0%と高く設定されることが多いです。
「カード会社」には国際ブランドと呼ばれる「Visa」「MasterCard」「AmericanExpress」「JCB」「DinersClub」などがありますが、実際の交渉を行う先は加盟店管理会社(アクワイアラー)と行う形となります。(例:三井住友VISAカード、三菱UFJニコスカードなど)

(3) クレジットカード手数料のコスト削減のポイント

コスト構造からもわかるように「加盟店」から「カード会社」へ支払う加盟店手数料率を下げることがコスト削減へと繋がります。
クレジットカードの保有率は90%以上と高く、オンラインショッピング、コンビニなど利用できるシーンが年々増加していることから、加盟店での売上に占める利用額、割合も増加しております。
弊社では、数多くの支援実績から、同じカード会社でも料率が売上に連動していない点や各業界毎の適正と思われる料率を把握しております。

(事例その1)年商100億の出版社の場合
削減前240,000千円⇒削減後235,200千円(▲4,800千円、削減率2%)

ご質問やご相談は無料で承っております。

右のボタン『無料診断・お問合せ・パートナー』よりお気軽にご連絡下さい。担当スタッフが親身になってご対応させて頂きます。

フリーコール 0120-992-255
  • 無料診断
  • お問合せ
  • パートナー
copyright © wizardz plus all rights reserved.