削減項目

削減項目

コピー料金のコスト削減について

(1) コピー料金のコスト構造

コピー料金はチャージ料金(カウンター単価×印刷枚数)およびリース料金にて成り立っております。カウンター料金は各複合機とそれぞれ契約している白黒、カラープリント、カラーコピー1枚あたりのチャージ単価に使用した印刷枚数を乗じた金額になります。リース料金は複合機本体価格にリース料率を加味し、60ヶ月間(5年リース)で割った金額が月額費用になります。

(2) コピー料金の業界について

コピー料金の業界は競争が激化しており、近年価格は急速に下落傾向にあります。
この業界は主に上位3社にてマーケットシェアの約70%を占めており(リコー社30%、富士ゼロックス社20%、キヤノン社20%)※、各業者間における競争が激化している業界になっております。
また、価格についても、複合機本体の機能向上により、1枚あたりのメンテナンス費用が低下したことや、技術革新(デジタル技術による高機能化等)により、各業者間における性能差がなくなってきているため、低下価格競争による営業活動によって、この2年~3年において、本体価格及びチャージ料金は非常に低価格になっております。
印刷枚数によっては白黒単価で1枚1.0円を下回っている場合もあります。

※「2010年複合機台数シェア」(矢野経済研究所)より

(3) コピー料金のコスト削減のポイント

コピー料金の削減は弊社でも数多くのコスト削減の実績がございます。
コスト削減のポイントは、コピー機の入替え(新規購入)ではなく、カウンター単価を現状印刷枚数に応じた適正単価に価格改定することです。一般的にコピー料金の削減に着手しようとする場合、最新複合機へ入替えを前提にチャージ単価の改定を行う場合がほとんどです。しかし、チャージ単価の改定は入替えをしなくても、現状契約単価を見直し、利用状況に応じた適正価格への改定を交渉すれば、余計なコスト(新規リース料金)や余計な手間(入替え業務への対応等)をかけなくても、コピー料金を削減することは十分可能です。また、チャージ単価は必ずしも利用枚数と利用金額に比例するわけではなく、弊社では1台だけの利用であっても、10台以上の利用している企業と同等程度の単価に改定した実績もございます。コピー料金はどの企業様にも必ずあるコストになります、弊社では数多くの企業様のコピー料金を削減しているため、各利用量における適正なチャージ単価の情報をもっております。

(事例)コピー料金年間契約の減額
サービス業A社 削減前32,000千円→削減後25,000千円(▲7,000千円、▲22%)
メーカーB社 削減前6,000千円→削減後3,500千円(▲2,500千円、▲41%)
不動産業C社 削減前6,300千円→削減後4,400千円(▲1,900千円、▲30%)

ご質問やご相談は無料で承っております。

右のボタン『無料診断・お問合せ・パートナー』よりお気軽にご連絡下さい。担当スタッフが親身になってご対応させて頂きます。

フリーコール 0120-992-255
  • 無料診断
  • お問合せ
  • パートナー
copyright © wizardz plus all rights reserved.