削減項目

削減項目

常駐警備のコスト削減について

(1) 常駐警備のコスト構造

常駐警備のコストは直接人件費と間接人件費に管理費と警備会社の利益を加えたものです。

(2) 常駐警備の業界について

常駐警備は利益率が低くなりがちです。常駐警備は業者間における差別化が難しいため、どうしても価格競争による顧客の奪い合いになる傾向が強くあります。また、2007年の景気低迷により、料金の値下げや解約が相次いだため、中堅中小の警備会社は、経営環境を悪化させています。

(3) 常駐警備のコスト削減のポイント

コスト削減のポイントは適正価格への改定です。価格競争の激しい業界のため、相見積もりや弊社過去実績ベンチマーク価格などによる他社価格比較が有効な手段となります。また、それだけではなく常駐時間や夜間・昼間、人工など現状委託内容に応じた正しい原価計算による適正値の算出が不可欠です。
弊社では、数多くの支援実績からこれらの情報・ノウハウを蓄積しており、それにより常駐警備コストの削減を実現いたします。

(事例)常駐警備年間契約の減額
百貨店業A社 削減前30,000千円→削減後27,500千円(▲2,500千円、▲8%)
サービス業B社 削減前22,000千円→削減後21,000千円(▲1,000千円、▲5%)
サービス業C社 削減前9,000千円→削減後8,300千円(▲700千円、▲8%)

ご質問やご相談は無料で承っております。

右のボタン『無料診断・お問合せ・パートナー』よりお気軽にご連絡下さい。担当スタッフが親身になってご対応させて頂きます。

フリーコール 0120-992-255
  • 無料診断
  • お問合せ
  • パートナー
copyright © wizardz plus all rights reserved.