ウィザーズプラスコラム

第164回リスクマネジメントの重要性

企業にとって「リスク」とは、「企業経営上、発生しては困ること、避けたいこと」です。リスクは全ての企業がさらされているものであり、リスクに対する策を講じていく重要性は、社会環境の急速な変化とともに高まってきました。規制緩和、情報技術の革新、労働環境問題、気象の変化など、企業をとりまくリスクは多様であり、年々複雑になっています。

そこで力を発揮するのが「リスクマネジメント」です。
よく、「リスクマネジメント」は「危機管理」「危険管理」と訳されることがあります。しかし、「危機管理」「危険管理」と「リスクマネジメント」が全て同一とは言えないでしょう。

危機(危険)管理は、「いつか必ず起きる」という大前提がある危機に対して、事前に防ぐための対策もしますが、危機が発生したときの対処方法、そして危機状態からの回復に重点を置いています。

これに対して、リスクマネジメントは、想定されるリスクに対し、起こりうる危機・危険を予防することが、発生させない大きな抑止力になると考え、リスクの発生を事前に防ぎます。そして、万が一、問題が発生した際でも、被害や損失が最小限になるようにコントロールするものです。

では、企業を取り巻くリスクにはどのような項目があるのでしょうか。

リスクマネジメントに取り組むことによって、企業はて守りを固め、経営体制を万全にしなければなりません。しかしながら、リスクマネジメントを軽んじ、怠ったがゆえに、不注意な事故を起こし、社会的信頼を失い、最悪の場合は経営困難に陥ってしまう企業は数多く存在しています。

リスクマネジメントの進め方は、まず内外に潜んでいるリスクを洗い出し、認識・特定す ることから始まります。リスクを分析し、優先度を検討。そして、発見し、分析されたリスクを除去・軽減する対策を講じ、最小コストで最大のリスク回避を行って行くのです。

この際、トップの本気度がリスクマネジメントの成否を左右すると言っても過言ではありません。そして、経営者を含めた組織メンバー全員が、リスクマネジメントの重要性・必要性を理解し、推し進めることが成功のカギと言えるでしょう。

copyright © wizardz plus all rights reserved.