厚労省が13年に実施した別の調査では、残薬が生じた患者がいると答えた薬局は約9割に上った。残薬が生じた理由(複数回答)では、患者の7割近くが「飲み忘れが重なった」と回答し、「新たに別の医薬品を処方された」と答えた患者も約2割いた。

生活保護者なども医療費は実質負担無料なので、
薬を処方してもらっても、無料です。

製薬会社は、薬を飲もうが飲むまいが、
医者が処方してもらえれば、売上があがる、
ということ。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150426-OYT1T50014.html

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+