AppBank <6177> は10日、同社の経理担当の元役員が在職中に架空取引を行うことでこれまでに判っている範囲で会社資金、約1億4000万円を横領していた可能性があることを明らかにした。

同社では詳細については、

平成27年11月下旬の税務調査の過程において、当社の支払先のなかで所在の判明しない取引先が見つかりました。内容を精査したところ、平成27年12月上旬の社内調査において、経理部門の責任者であった元役員が平成24年から平成27年までの間に、自身が関与する複数の法人等を当社取引先かのように偽装し、同法人等の口座に当社の銀行口座から不正に送金していた事実が発覚しました。なお、現時点で判明している不正な送金の合計金額は、約1億4千万円にのぼる見込みです。
とした上で、今後については第三者による調査委員会を組織した上で、調査を進めるとしている。
また、会社資金の横領を行った可能性が判った元役員についても、刑事告訴を行うとしている。

AppBankは今年の10月に東証マザーズに上場したばかりとなるが、上場直後の10月にも商品説明資料及び請求書データが不正に外部に持ち出されるという不祥事が発覚していた。

引用:niftyニュース

http://news.nifty.com/cs/economy/stockdetail/tech-b-20151210-201512101905/1.htm

いろいろなネット媒体などなどで、取り上げられていますが、Appbankだけではなく、東証、証券会社、監査法人などなど、いつからこの事実を知っていたかによっては、上場承認をはじめとして株主だましたことになりますからね。

悪いのは元役員だけなのでしょうか?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+