11月27日、丸紅株式会社は、2016年4月1日から家庭・小規模事業者など低圧需要家向けの電力小売りサービスを開始することを発表した。サービスは丸紅新電力株式会社が運営する。

丸紅新電力では、電力の使用状況がひと目でわかるスマートメーターの設置を進めていく。これにより、ウェブサイトでは、契約者がマイページで電力使用量を確認できるサービスや、現在の電気使用状況や目的に応じた料金診断シミュレーションコンテンツを準備中だ。

丸紅新電力は2016年1月から先行申し込みの受け付けを開始。4月より電力供給を開始する。

引用:EcoFrontニュース

http://www.eco-front.com/news_cWqcNT3O0w.html

丸紅は子会社をつくって提供するんですね。
スマートメーターで30分後との電力量を測ることで、
基本料金や電力量料金のプランがいろいろとできそうです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+